St_Hakky’s blog

プログラミング/心理学/人事/留学/データサイエンス/機械学習/Deep Learning/バイオインフォマティクス/日頃思ったこと/人事のデータサイエンスしてみたい

Ubuntu16.04にRとRstudioをインストールしたのでその作業メモ

こんにちは。

○環境

DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=16.04
DISTRIB_CODENAME=xenial
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 16.04.3 LTS"

○Rのインストール

本家のサイトに従い、インストールを進めていきます。

/etc/apt/sources.listを編集

まず、Ubuntuのバージョンに合わせて、以下のコードを /etc/apt/sources.list に書き込みます。

deb https://<my.favorite.cran.mirror>/bin/linux/ubuntu xenial/


今回私は、16.04にインストールするので、xenialになります。

また、my.favorite.cran.mirrorには、好きなミラーサイトを入れます。

ミラーサイトはこちらから選べるので、適当に日本のサイトを使えばいいかと。結局私は以下のテキストになりました。

deb https://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu xenial/
■公開鍵登録のため、次のコマンドを入力

これをしないで、apt-getコマンドを使うと、警告が出ます。出てもまぁいいんですけど。

gpg --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-key E084DAB9
gpg -a --export E084DAB9 | sudo apt-key add -
■インストール

以下のコマンドを実行します。

sudo apt-get update
sudo apt-get install r-base
■インストールの確認

コマンドライン上で、

R

とうって、Rが起動すればインストールは完了します。

■オプション

ソースコードからRのパッケージをコンパイルしたり、install.packages()とかをしたりする場合は、以下のコマンドでr-base-devパッケージもインストールします。

sudo apt-get install r-base-dev

○Rstudioのインストール

以下のコマンドを入力すれば、Rstudioのインストールができます。

sudo apt-get install gdebi-core

# ダウンロード:URLの最後の「rstudio-xenial-1.0.153-amd64.deb」は適時最新版に書き換える必要あり
wget https://download1.rstudio.org/rstudio-xenial-1.0.153-amd64.deb

# インストール
sudo gdebi -n rstudio-xenial-1.0.153-amd64.deb

# インストーラーはインストールできたら、もういらないので削除
rm rstudio-xenial-1.0.153-amd64.deb

以上でインストールは終了です。