読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

St_Hakky’s blog

心理学/人事/就活/留学/データサイエンス/バイオインフォマティクス/日頃思ったことについて書きます。

Stanについて勉強しますのでまとめておく

stan データサイエンス

こんにちは。ちょっと最近気になっていたstanというプログラミング言語について勉強したいなーと思ったので、その勉強道具についてまとめておきます。

◯Stanとは

Stanとは、C++ベースのフリーソフトです。重回帰やロジスティック回帰などの基本的なモデルはもちろんのこと、階層ベイズモデル、状態空間モデル、トピックモデルなどの高度なモデルも書くことができます。Stanは、RやPythonといった別のプログラミング言語から使うことができ、またそのような場合の方が多いようです。文法も簡単でなおかつC++で実装しているということもあって、他のBUGSなどに比べて、高速に動作することが利点です。

◯Stanのインストール

基本的には、RやPythonからStanを使用することが多いと思います。ので、インストールの手順もそちらを紹介します。

■RStan

基本的には、以下のサイトに沿って行えばいいかと。もし元気があったら、追記します。

RStan Getting Started · stan-dev/rstan Wiki · GitHub

■pystan

以下のサイトを見れば大丈夫かと。普通にpipで入るんですね。らくちん。

GitHub - stan-dev/pystan: PyStan, the Python interface to Stan

◯参考になるサイト/ブログ

こちらが、一番大元になるページ。リファレンスやドキュメントはこちらから見るといいと思います。
Stan: Project Home Page

以下のサイトでは、Stanの解説記事がたくさんあります。
Stan カテゴリーの記事一覧 - StatModeling Memorandum

以下のサイトは、講義資料などをまとめてくれているので、体系的に勉強したいときには見るといいかも。
大学におけるStanの講義資料などを探してみた | かものはしの分析ブログ

こちらのサイトも普通に勉強になります。
BUGS/Stan カテゴリーの記事一覧 - 六本木で働くデータサイエンティストのブログ

また為になるサイトがあれば、追記します。

◯Stanを勉強するときにオススメの本

多分、これが新しいやつの中では一択になるんじゃないかなぁと、個人的には思っていたりする(この本はこれから読むんご)。

以下のサイトがサポートページ。
GitHub - MatsuuraKentaro/RStanBook

作図や章末問題などのプログラムなどが載っている。

また、stanを勉強するときに参考になる本として、以下の記事にまとめがありました。上の本を書いている筆者が書いているブログの記事なので、参考になるかと思う。
統計・R・Stan関連の本、用途別のオススメ10冊 - StatModeling Memorandum

◯おまけ

stanを用いると、はてブの数が減るかもなんていう面白い考察が笑。

Stanコードを書くとはてブ数は減る?

それでは。