St_Hakky’s blog

プログラミング/心理学/人事/留学/データサイエンス/機械学習/Deep Learning/バイオインフォマティクス/日頃思ったこと/人事のデータサイエンスしてみたい

労働価値

こんばんは。最近、労働時間の削減が求められていて、安倍さん含め、凄まじい力の入れようだなぁとニュースを見ています。

しかし、労働時間を減らしたからといって成果が急に上がるわけではない。このことを考えれば、時間と成果にはある程度相関があるだろうから、普通に給与は下がってもおかしくない。時間を獲得する分、給与が減るのはトレードオフの関係にあると言っても良さそうだ。

が、労働時間が長いのは嫌だが、給与が下がるのは嫌だという人も多い。これは当たり前と言っちゃなんだけど、そうなんだろうなぁと思う。んじゃどうするのか。今日はこれについて考えてみたことをまとめておく。

○労働価値と給与の関係

まず、給与を決める大きなファクターが労働価値だと思う。労働価値というのは、個人が行なう労働に対して、どのくらいの価値があるかを給与やできる人口などを考慮に入れ考えた指標のことで、私が勝手につけたものである。労働価値の観点から見た仕事と給与の関係は、以下のように分類されるように思う。

1:誰にでもできる仕事で、需要がない場合→労働価値は低く、当然給与も低い
2:誰にでもできる仕事で、需要がある場合→労働価値は中くらいで、給与はそこそこ
3:誰にでもできない仕事で、需要がない場合→労働価値は高いが、給与はそこそこ
4:誰にでもできない仕事で、需要がある場合→労働価値が高く、給与も多くなる

こう考えると、今世間で言っていることは、「労働価値が高い人材を増やし、人数が少なくても回る社会を目指す」ということのような気がしている。つまり、上で挙げた部分でいう「4」が実行できる人間を増やし、「1」をとことん機会化などを通して減らし、「2」の層の仕事を労働時間を分配しても行える形に持って行こうとしているのではないか、と思う。

○何も困らない「4」の層

普通に考えて、超重要な仕事ができる人間である「4」の層の人は需要もあるため、自分で労働時間を短く設定しようが、その手の人間は労働価値が高いので給与も満足できる分もらえる。個人のことだけを見れば何も問題ない。この手の人は、仕事が好きだとかがない限り、普通に労働時間が短くなっても個人単位で見ればそんなに困らない。

また、最近の仕事の流れからいえば、「4」の層の人間が少ないことを見越して、クラウド化や機械化・自動化・AIなどの技術面と、タスクの細分化及び高度なマネジメントを通して、誰にでもできる仕事にして「2」層を活用し、少ない人数でも回せるようにする方向になっていると思う。

○増加する「2」の層

「2」の層は、今しきりに騒がれている「女性の活躍」や「労働の方法の多様化」の話である。まず、なぜ女性の活躍の話が今になって出てきたのだろうと少し考えてみた。

歴史からすると、雇用機会均等法や男女平等参画社会など、女性が虐げられる状態からの脱却をし、男性と女性の平等が主眼だったと思う。しかし、今は労働の方法の多様化(在宅勤務や裁量労働制、福利厚生など)を通じて、「これまで仕事ができなかった人たち」を掘り起こしにいっているような政策や会社の取り組みが多いように感じる。

冷めた見方をすれば、労働人口を増やすためにきれいごとを言っていると捉えられてもおかしくはない。個人的には、目的はなんであれ、これまで仕事がしたくてもできなかった人たちがいる中で、これはいい取り組みだと思う。

これまで仕事ができなかった人たちというのは、どういったことが問題になっていたかというと、
・正規の労働時間働くことができない
・家にいる必要があるなど、場所に制約がある
・子供を優先したいなど、会社が決まった労働の枠組みだと対応しにくい場面がある
などである。

これを解消するために企業が行うことは、何か。それは、「優秀な層を頑強に固めること(4層を増やすこと)」と「タスクのアウトソーシング・自動化・機械化」、「タスクの細切れ化・引き継ぎ可能(代替可能)・柔軟な体制(2層を増やすこと)」が挙げられる。

自由な時間を手に入れる以上、給与の面などを犠牲にする必要があるのは、否めない。「2層」はどう頑張ってもここに該当してしまうと思う。

○高い給与を得つつ、自由な時間を確保するには?

これって結局「4」の層になるしかないと思う。なんというか、「働きたくないけど給与は欲しい」とか「時間クソ長いけど給与が上がらない」と言っている人たちって、どこかで結局「2」の層になっていて、組織に従うか組織を変えられない層なんじゃないかな、と思って。

労働価値が高く、自分が成果を出し、収益を上げているのであれば、その収益に見合った給与が払われる可能性が高くなるんじゃないかなと思う。簡単にはいかないとわかってはいるけれど、意見を言うことは大事だと思うけれど、自己を変えていくことは必要なんじゃないか。

文句をブーブー言っていても周りは変わらないなら、自分の行動を変えるしかないのではないかなと思います。これをしたくないなら、もう環境が変わるのを待つしかない。

自分にとっての自由でやりやすい環境を手に入れること、これはかなり難しくて毎日成長をし続けるしかないんじゃないかな、と思う今日この頃です。

広告を非表示にする